妊婦健診

妊娠11週過ぎから、妊婦健診を始めます。母子手帳と妊婦健診受診票をお持ちください。
妊婦健診では毎回、血圧、体重、尿検査、お腹のサイズの測定、むくみのチェックをします。
妊娠経過の確認だけではなく、妊娠中の過ごし方やお産に向けた心身の準備なども一緒に考えていきましょう。
心配なことがあれば、医師や助産師にいつでもご相談ください。


健診スケジュール

11〜12週から  4週おき
23〜24週から  2週おき
35〜36週から  毎週


主な検査

1. 血液検査

感染症 《B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、梅毒、風疹、HIV抗体(AIDSウイルス)、トキソプラズマ、ATLウイルス(成人T細胞性白血病)》
血液型・不規則性抗体・貧血・血糖値・甲状腺機能

2. 腟分泌物検査

クラミジア・細菌性腟症・GBSの有無を調べます。

3. 超音波検査

週数に応じた赤ちゃんの発育・形態的な変化・胎盤の位置の確認や羊水量の評価・子宮頚管長など、様々な情報を得るのに必要です。

 
9w 11w 超音波診断装置
14w 15w 24w 24w 33w
超音波診断装置
9w 11w
14w 15w
24w 24w
33w

4. 50gグルコースチャレンジテスト(50g GCT)

食事時間に関係なくブドウ糖50gを飲み、1時間後に採血を行い、血糖値を測る検査です。
妊娠糖尿病の早期発見のための検査です。陽性と診断された場合、75gの糖負荷試験を行います。

5. NST(ノンストレステスト)

赤ちゃんの心拍と子宮の収縮を見て、胎児胎盤機能を評価します。
36週前後からは健診毎、40週以降は定期的に行います。


TOPへもどる

検査時期

12週    血液検査・クラミジア・子宮頸がん検診
16週    腟分泌物検査
26〜28週  50g GCT
30週    血液検査(貧血)
36週    血液検査(貧血)・腟分泌物検査・NST

当院では超音波検査を行う際、赤ちゃんの画像を記録するサービスを行っております。
ご希望の方は、あらかじめ氏名を記入したUSBメモリ(4GB以上)を、母子手帳と一緒に受付にお出しください。
なお、録画設備とメモリの相性等により録画できないケースもありますので、ご承知おきください。

akagawa clinic

赤川クリニックのfacebookページはこちら
instagram